父の日はいつ?2017年は忘れないようにするために。

毎年のことですが、母の日の盛り上がりに比べて、

父の日はちょっと寂しいですね。

でもなぜ、父の日が母の日より盛り上がらないのか?

その理由のひとつは、歴史なのかもしれません。

もともと母の日も父の日もアメリカでできたものです。

母の日は、日本に入ってきたのが1913年頃、今から100年ほど前。

それに比べ、父の日は1980年頃から日本に広がってきました。

ということは35年ぐらいです。

日本の場合、完全に母の日の方が歴史が長いですよね。

でも最近ではお買い物商戦のこともあり、

徐々に父の日も浸透してきましたね。

そんな父の日ですが、2017年はいつになるでしょうか?

スポンサーリンク

父の日はいつ?2017年版

父の日は、毎年6月の第3日曜日と決まっています。

2017年は、6月18日(日)になります。

なので母の日が終わったら、そろそろ父の日の贈り物も

考えていきたいですね。

次は、それでも忘れてしまう父の日について考えてみました。

父の日がなぜ忘れられてしまうのか?

母の日は、忘れないけど父の日はどうも。。

という方は、たくさんおられます。

なぜなんでしょうか?

家庭での中心は、お父さんよりお母さんのところって多いですよね。

お母さんのチカラが強いということもあるのでしょうか?

あと、お母さんは子どもたちからブレゼントを貰った時に

「うわ~!ありがとう!お母さん嬉しいわ~」と

感情豊かにお礼を言ってくれることが多いですよね。

それに引き換えお父さんは、心の中ではすごく嬉しいのに

「おぉ。ありがとな。」というぐらいで、

感情を全面に出さないお父さんって多いですよね。

子どもたちも、喜んでくれてることは分かりながらも

ちょっと印象に残らないんじゃないでしょうか?

どうせなら、「ありがとう!こういうの欲しかったんだ。大切に使うよ」

とか少々大げさめのお礼でもいいのかなぁと思いました。

贈る方としては、そういう一言で俄然やる気になると思います。

父の日がどうしても忘れてしまうあなたへ提案です。

そうは言っても、父の日を忘れる訳にいかない。

忘れてしまうとお父さんも、お義父さんにも悪いしなぁと

お考えのあなたに提案です。

その提案とは?

いっその事、母の日父の日の贈り物を一緒にしませんか?

ふたつの日をまとめてという言い方は雑になりますが

贈り物に工夫して、一緒に祝うという感じです。

贈り物は、ペアのものでもいいですし、

近くの美味しい料理屋さんに招待したり

自宅で「母の日&父の日パーティー」を開くのもありですね。

予算に余裕があるなら温泉旅行をプレゼントでも

ご両親は喜ばれるのではないのでしょうか?

父の日これからの日程

父の日
2017年 6月18日
2018年 6月17日
2019年 6月16日
2020年 6月21日
2021年 6月20日
2022年 6月19日

最後に

個人的には、つい忘れがちの父の日は母の日と同じように

第2日曜日にしてほしかったです。

一緒だったら母の日の1ヶ月後って覚えられますよね。

でも、ついうっかりしてしまいがちの父の日に

頑張っているお父さんのためにも

何かの感謝を贈ってみては?と思います。

お父さん、お義父さん共に、きっと喜んでくれますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする