結婚祝いの兄弟への相場は?ご祝儀の数字のあれこれ。

春先からお祝い事が多くなる季節です。

5月、6月は結婚式も多い季節ですよね。

友達のお祝いも悩むけれど、兄弟姉妹のお祝いって悩みませんか?

友達や同僚なら結婚式に招待されたら3万円ぐらいが相場だと思いますが

兄弟姉妹などの家族の場合は、どうすればいいのか調べてみました。

 
スポンサーリンク

結婚祝いのご祝儀金額は、キリのいい額でないとダメ?

こんな話しがありました。

「妹へお祝い金をしようと思うけど、5万円か10万円かで迷ってる。
5万円でもいいような気がするけど、もう少し弾みたい。
と、なるとキリの良い額は、10万円になる。
でも一気に10万円となるとちょっとしんどいかな。」

ということなんです。

キリがいい数字だけでなく、それぞれの数字の意味を考えていくと

いろんな贈り方ができると思います。

数字の意味

一般的なお祝い金は、「奇数」が吉とされ「偶数」は凶となります。

お祝い事は「奇数」で、弔事は「偶数」とされます。

この考えでいくと、1万、3万、5万、7万、9万となりますが

9万円は「苦」にもつながるのでタブーですね。

偶数でも8万円は、「末広がり」とされお祝いごとでも包んでいいと思います。

となると5万円以上のお祝い金は、7万円、8万円、10万円でオッケーです。

結婚祝いに適した金額

1万円 ・・・ 奇数

3万円 ・・・ 奇数

5万円 ・・・ 奇数

7万円 ・・・ 奇数 ラッキーセブン

8万円 ・・・ 末広がり めでたい

10万円 ・・・ キリが良い。 1本

家族なら5万円以上を考えたいですね。

友達、同僚でも結婚式に参列する・しないで考えましょう。

まとめ

5万円の次は10万円でなくてもいいんです。

若い時ならともかく、ある程度の年齢になると兄弟姉妹のような身近な人達への、

お祝い金なら弾みたい気持ちもあると思います。

ただ、高額にお祝い金を貰ったとしても、お返しが大変です。

自分の身の丈にあった額でお祝いしてあげればいいと思います。

結局のところは「気持ち」が一番大切なお祝いだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする