小山ロールが大人気のエスコヤマ、現在の待ち時間は?

兵庫県三田市の住宅街にあるエスコヤマ。

このお店は「小山ロール」で超有名になりました。

それはここのパティシエの小山進さんがテレビ番組の

「テレビチャンピオン全国ケーキ職人選手権」で優勝して

「小山ロール」が生まれたと記憶しています。

この優勝した「小山ロール」を求めてすごい行列ができていました。

あれから15年以上経っていますが現在の混み具合はどうでしょうか?

実際に行ってみました。

スポンサーリンク

 小山ロールを買い求める為にまだ行列してるの?

いくらテレビの番組で優勝したからと言っても

既に15年以上経っているのでさすがに並んでいないのでは?

と、思っていました。

エスコヤマの現在の状況は?

さて早速、今のエスコヤマを訪問してきました。

訪問日は、5月4日・木曜日 ゴールデンウィーク真っ只中です。

ちょっと訪問データとしては無謀な感じがしないでもないですが

あえてこの日に行ってみました。

エスコヤマへ到着時間 9時20分

車を駐車します。

約100台駐車できるんですが、なんと既にほぼ満車状態です。

私はギリギリ駐車できましたが、後からに来る車は

臨時駐車場の案内をされていました。

朝9時30分過ぎでこんな感じになっていました。

他府県ナンバーがずらりと並んでいました。

画像の駐車場はP3です。

ここに置けない場合は、土日祝限定で近くの駐車場に停められます。

ただ距離が約1kmほど離れているので、無料送迎バスが出ています。

これはホリデーパーキングと言われています。

この場所はP3駐車場に設けてあります。

このシステムを利用された方はご家族に1つエスコヤマのお菓子を

頂けるみたいです。

こんなバスがあるぐらいなんですね。

完全に甘く見ていました。

このあたりは閑静な住宅地なのでご近所迷惑にならないように

路上駐車の対策なんでしょう。

それでは店の方に行ってみます。

これだけの車があるということは、そうです。

やっぱり行列になっていました。

開店前の状況です。

お店のスタッフがパンフレットを配っていました。

この行列は1列に見えますが、ぐるっと店の入口に回り込んでいます。

恐らく、ここからだと2時間以上はかかるとのことです。

私は結局断念いたしました。

開店して1時間後の状況は?

行列は短くなるどころか更に延びてました。

GWということと、最近のシフォンケーキ人気も理由のひとつでしょう。

エスコヤマタウンというスイーツの街

小山ロールを諦めたので、敷地内にある別のショップに行くことに。

ここはパンやマカロン、ソフトクリームのお店があります。

小山ロールや生ケーキが売っているお店よりはかなり小さいので

少しのお客さんでもすぐに一杯になります。

グループで行くと小山ロール組とその他を買う組に

分けたほうが効率いいかもですね。

パンも人気があるのであっという間に売り切れるパンもありました。

この緑のはネギのパンです。

写真を撮るのがこれが限界です。

たくさんの人がおられます。

人気のクリームパンは焼き上がり時間が1日2回です。

この日の焼き上がりは、1回目が12時50分と2回目が15時20分です。

お店の方も、絶え間なくクリームパンの焼き上がり時間の

案内をしていましたね。

ちょっと休憩してソフトクリーム。

今の限定は「抹茶&ホワイトチョコ」のバニラとのミックスです。

コーンもあるけど私はカップにしました。

このソフトクリームは美味しかったです。

しつこくないコクがある甘さです。

ソフトクリームを売ってる場所は、わかりにくいですが

パン屋さんの横のマカロンのお店の奥に小さいショップで売っています。

緑が多く配置され本当に気持ちが良いエリアです。

チョコレートの専門店もあります。

洞窟の中に入っていくような店構え。

大人のチョコレートという感じのお店です。

1粒、約500円するもので飾られたチョコの宝石店のような感じでしたね。

特別な日のチョコです。

まとめ

ゴールデンウィークとはいえ、まだまだ混雑しています。

まだ通常の土日なら1時間待ちぐらいで買えると思います。

行かれるならやはり平日の方がいいですね。

小山ロールの賞味期限は当日限りなので遠方の方は

お土産向きではないですね。

最近人気のシフォンケーキも2日間です。

あとは時々行われる百貨店での催事を狙うかですね。

でも催事では「小山ロール」は販売されない事が多いです。

なにせ当日限りなので物理的に無理なのかもしれませんね。

なかなか行くチャンスの無い方には、この行列は大変ですが

時間があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする