台風が来る!最強台風から我が身を守る備えをする。

8月~9月にかけては、毎年台風シーズンです。

近年では、上陸すると多大な被害もたらす猛烈な台風。

そんな台風から身を守る為に、来る前にしっかり準備しておきましょう。

台風は、その時々で大雨を降らせる「雨台風」や、暴風を伴う「風台風」。

どちらにしても甚大な被害を被ることもありますので、

台風が来る前に備えることが、被害を少なくする上でとても大切です。

台風が来るその前に、家の外で備えること

天気予報で台風が発生し、どうやら台風が日本に進路を取ることが

わかった時点でできる備えです。

1. 外回りを点検

家の周り、側溝に溜まっている落ち葉などを取り除いておきましょう。

落ち葉が溜まっていることで大雨が降り、側溝から水が溢れ

敷地内が水浸しになるのを防ぎます。

側溝などの点検は、必ず台風が来る前に行って下さい。

決して、台風が来る最中には見て回らないで下さい。

大変危険ですので、もし点検し忘れたのを思い出しても諦めて下さい。

2. ベランダを点検

一戸建でも、マンションのご家庭でも、ベランダに物が

置かれている事が多いですよね。

台風前には、できるだけベランダの物を室内に取り込んで

置くほうがいいですよね。

  •  植木鉢
  •  物干し竿
  •  洗濯物ハンガー、ピンチなど
  •  洗濯物
  •  ゴミ箱
  •  スリッパ

など、重たいものから細々したものまで色んな物が置いていますね。

強風で落ちたり飛んで行くと人に当たり、大変危険です。

風で飛んで危険な事は、重たい物だけではありません。

洗濯物も、側溝に詰まったら水を溢れさせてしまいます。

何が被害を及ぼすのかわからないので取り入れることが

出来るものは室内に取り込んでおいて下さいね。

3. 窓、雨戸の点検

雨戸はちゃんと締まりますか?

強風時は、何が飛んでくるかわかりません。

雨戸がある場合は、ガラスを守るためにも有効です。

マンションや、最近では雨戸が無い戸建てもありますが、

その場合はカーテンをしっかり閉めておきます。

万が一、ガラスが割れてしまってもカーテンによって室内に割れたガラスが

飛散するのを防げます。

台風が来るその前に、家の中で備えること

台風による影響では「停電」が想定されます。

停電すれば電化製品は全て使えなくなってしまいます。

停電しても不安にならないよう準備するものを考えてみました。

1. 懐中電灯、ランタン、ラジオ、電池

人は、暗い所にずっと置かれる状況に慣れていません。

暗い所は不安を増長させるので灯りを、確保したいですね。

昔なら、ろうそくというアイテムで明かりをとっていましたが、

ろうそくは倒れると火災の原因にもなるので大変危険です。

同じ理由でキャンドルも止めておいたほうが懸命です。

日常では癒やしになりますが、非常時には使わないほうがいいてですね。

一番身近なものでは、「懐中電灯」です。

できれば電池が長持ちするLEDがいいと思います。

できれば一人1つの懐中電灯があれば、暗い中の移動も怖くありません。

最近では、非常時用としてランタンとしての使用ができ

ラジオ・スマホの充電が一緒にできる便利なものもあります。

1台で何役もしてくれる便利グッズです。

懐中電灯だけでは、一部しか照らせないので、

できればランタン付きがオススメです。

お子さんがおられるご家庭は、停電はお子さんが怖がるので

できるだけ明るくしておきたいものです。

一家に1台あると、安心だと思います。

単3、単4の電池の準備もお忘れなく!

2. カセットコンロ・ガスボンベ

停電になっても普通のガスコンロは使えます。

なので、お湯を沸かしてカップラーメンなどは食べられます。

ですが当然、IHコンロは使えなくなります。

ティファールなどの電気ポットも使えません。

こういうアクシデントの時には、ガス、電気など違うエネルギー源を

持って置いたほうがいいですね。

大人は、少々食べなくても我慢できますが、

小さいお子さんがおられるご家庭など何か温かいものを

用意することが出来る方がお子さんも安心するのではないでしょうか?

3. カップ麺やチョコレート菓子など

最近は、そんなに停電することもなくなったのですが

万が一、台風で近くの電線が切れて停電になった場合。

どれくらいで復旧できるかわかりませんよね。

そんな時に、お腹が空くと余計に不安になってしまうものです。

そんな時、カセットコンロでお湯を沸かして

ありきたりのカップ麺でも食べることができたらいいでよ。

懐中電灯の灯りの中で、カップ麺をすするのもいい体験に

なるかもしれません。

ただし、火傷には充分注意して下さい。

あとは、チョコレート菓子の様な甘いものがあればホッとします。

糖分が不足すると、これまた不安になりますからね。

時間に余裕があるなら、台風が通過する前に、

おにぎりなどを握っておくのもいいですね。

4. 水・ミネラルウォーター

少しの停電なら、水道は使えます。

ただマンションなどポンプで上げられている所は

使えない場合があります。

水がなければ飲み水もなければ、カップ麺も作れませんので

是非、ミネラルウォーターは常備しておいてください。

おわりに

台風は、地震と違って「来る」ことがわかる気象災害です。

なので、備えることのできる災害です。

日本は、台風国なので慣れている事もありますが、

最近の猛烈な台風は、何があるかわからない危険な災害です。

油断せずに、備えることで被害も少なく遣り過せることができると思います。

停電になるとテレビも見られないし、夜だと暗くて本も読めない。

スマホやタブレットがあるので情報は入ってくるので少し安心できます。

一番のポイントは、台風が来てしまったら むやみに外に出ない!

台風が通過するまで家でじっとしていましょう。

今年も台風、いくつ上陸するのでしょうか?

どの地域も被害は少ないように願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする